So-net無料ブログ作成

2016サマーシーズン(かぐら-01)Splash! [スキー]

先月=[リゾート]8月の夏真っ盛りに、当然[スキー]オフシーズンですが、[on]シーズンという、?な記事を入れます。

[たらーっ(汗)]これを昨シーズン(2015-2016)扱いにするのか?次シーズン(2016-2017)扱いにするのか?
わたくしの中で今までずーっと議論されてきたところですが、このどちらでもないので=2016シーズンとします[たらーっ(汗)]

・・・なぜ属性に拘るのか?。それは、今年のオフシーズンは、この回含めて2回[スキー]滑りに行く予定だからなのデス[手(グー)]

[目]皆様方の中には、「へぇ~滑れるの?」といったところかと思いますが、「足拭きマット滑り」として、滑れます[決定]
毎年ではないですが、ワタクシ、我慢できなくなって夏~秋に滑ってます。[メモ]昨年の記事⇒http://heso-m2.blog.so-net.ne.jp/2015-10-08

(・。・;)と、いうことで・・・

今年から、オールシーズンリゾート[リゾート]として、夏でも足拭きマット材「ピスラボ」を敷設して営業を始めた⇒
かぐらスキー場
で、昨年のガーラ湯沢で、歯が立たなかった「ピスラボ」に再び挑みましたの記です[メモ]

kg_01.JPG


大きな地図で見る

つづきます[スキー]
[次項有][ひらめき]

[次項有]


[わーい(嬉しい顔)]

kg_03.JPG

スノーマットゲレンデとして滑走可能なのは、
延長1.1㎞、かぐらスキー場のみつまたエリア「ファミリーコース」です。
http://www.princehotels.co.jp/naeba-area/summer-gelande/

kg_04.JPG

[わーい(嬉しい顔)]滑り出し・・・ドキドキが止まらないゎ[目]

何せ、去年ピスラボを滑った、ガーラ湯沢スキー場では、「歯が立たない!」」って思ったものですから[たらーっ(汗)]

しかーし[exclamation]
[わーい(嬉しい顔)]スキーが楽々走ります[るんるん]昨年持った苦手意識がどこかに[ダッシュ(走り出すさま)]ぴゅ~

kg_05.JPG

[目]理由は、3つほどありまして・・・

① 初めてじゃないので、いい加減慣れた。

② 道具の選定を最適化して、今回はピスラボ専用の「ハート バルシップⅡ 165㎝」にしたこと。

 kg_02.JPG

 昨年は、硬い板「バルシップⅠ」で失敗したので、今年は柔らかい方のバルシップⅡにしましたら[決定]マットのケバケバに上手く噛んだというか、撓みが出まして、エッジ立てて切れた滑りも出来ましたし、当然ズラしも自由自在でした。

そして・・・何と言っても[手(チョキ)]
③技術の向上、検定準備講習で鍛練した技術はポジションの改善をもたらし、また、雪面に対して働き掛ける圧も次のターン始動ギリギリまで、粘っこく仕掛けることが出来るようになった、という点も利いてます。

しか~し!

このサマーゲレンデ、マットに降り注ぐ散水量が非常に多いのです。

kg_99c.jpg

他のマットと異なり、ピスラボは摩擦熱を多く発生するので、常に湿潤させておかなければならないのですね。たぶん。

kg_06.JPG

このノズルから出る水の量、某テーマパークのアトラクション並みか思うくらい水を浴びます。

ですから、ここで滑ってる人のほとんどがレインウェアです。
でもわたくしは、レインウェアは蒸れるから嫌いなので、多少濡れてもいいような格好をしていきましたが・・・誤算でした[ふらふら]

kg_07.JPG

濡れまくって気分が[バッド(下向き矢印)]ですが、面白いので[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]になって来ました。

kg_08.JPG

天気もいいし~って良すぎです[ふらふら]あぢ~

そして・・・

kg_09.JPG

身体をどんどん倒して、エッジを利かせて快調快調[あせあせ(飛び散る汗)]

kg_10.JPG

少し先に、かぐらスキー場かぐらエリアが見えます。
⇒ 雪が無いと、全く別の場所のように見えます。

そして・・・

kg_11.JPG

誰が名付けたか「コブ太郎」
コブが30連ありますが、何度か(なんとか)完走しました[るんるん]

[目]訪れた時、この頃は8月中旬ですが、何となくもう秋の装い。

kg_12.JPG

もうたっぷり滑った(たっぷり濡れたということもあります)ので、

kg_13.JPG

もう上がります[exclamation]

そんでもって帰りはいつものココ!

kg_14.JPG

ということで、課題克服⇒で楽しいブラシ滑走♡

サマーシーズン充実のかぐらでした[決定]

[end]


Skiカタログ2017 (ブルーガイド・グラフィック)

Skiカタログ2017 (ブルーガイド・グラフィック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: ムック


[グッド(上向き矢印)][決定]
nice!(35)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 35

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
tochi

ついに雪のシーズンとなりましたね

違うか

でも待てない気持ちわかります
スキージャンプも夏でも大会開催していますよね
昔はあり得なかったですが・・・
by tochi (2016-09-11 11:44) 

ネオ・アッキー

me-coさんこんにちは。
サマーゲレンデ、マットの上を◯るのですね。
もう少したてば実際の雪で遊べるのでしょうね。
by ネオ・アッキー (2016-09-11 15:02) 

とり

空が青いですね~
気持ち良かったんでしょうね~

記事と関係ない話で恐縮なのですが、
me-coさんのナワバリのナゾの多かった飛行場について、
興味深い史実が明らかになりました。
宜しければご覧くださいませ。
コメントのリンク先に更に詳しい記事がありますよ。
http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/fugioka-airfield
by とり (2016-09-11 18:28) 

ナツパパ

夏の真ん中でもスキーを楽しめるのですね。
これは愉しそうだなあ。
冬までのあいだ感覚を保つことができるのは素敵です。
こういう施設は増えていきそうですね。
平昌五輪では、いざとなったらこういうの使うのかなあ。
by ナツパパ (2016-09-12 08:56) 

ikuko

マット、なんだか引っかかりそう(>_<)
って思ってしまうけど、
ちゃんとスムーズに滑るようにしっかり散水してるのね・・・
レインウェアで滑るってことはかなりな量の水なのかなぁー?
でもその分涼しく過ごせそうな気も^^
by ikuko (2016-09-13 12:07) 

me-co

>tochiさんこんばんは。
 遂にシーズンとなりました=当りです。
 でも、コレはこれで別モノ、所詮雪の代りは出来ないってことです。
 しかし、サマージャンプもこのマット材の登場で随分と変わったんじゃないでしょうか?

>ネオ・アッキーさんこんばんは。
 マダマダ~と我慢を要しますが、あと2か月半の我慢かな?といったところです。我慢できなくなったらココに行けばいいので助かります。昔はSSAWSというバブルの申し子がありましたが(汗)

>とりさん、ごぶさたしてすみません。
 適度な水浴びを目論んでいましたが、見通しが甘かったようです。
 人が水をまくより、スプリンクラーはかなり強烈です(><;)
 部屋(汗、ちなみにナワバリではなくなりました)の記事見ました。
 所有権を巡っていろいろあったんですね。某電機メーカーもかかわっていたとは驚きです。

>ナツパパさんこんばんは。
 繰り返しになりますが、そこはやはり雪とは別モノと捉えるべきかと思いますが、ただ、確かに良いトレーニングにはなります。
 でも、SSAWSで結局失敗だったように、酔狂なお客さん目当てにやっていけるのか?心配でもあります。

>ikukoさんこんばんは。
 多少注意しないと、確かに引っ掛かりますが、それは天然雪でも同じことです。マジか?と思えるくらい散水してるのは、摩擦熱対策でもありますね。ちなみにレインウエアでは蒸れると思うので、苦痛だと思います⇔濡れるのも苦痛。
by me-co (2016-09-13 22:58) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。